制汗剤は脇汗には効かない?効果なしなの?

制汗剤って使ったことある人が多いと思います。

夏にかけて使う機会が多いとは思いますが、ドラッグストアでは
1年中売られていて冬にも結構買う人は多いのです。

夏は薄着になるけど、冬は厚着で汗をかきます。

汗をかくと気になるのがニオイや脇汗ですよね。

そこで出番となるのが制汗剤です。

 

スポンサーリンク

 

でもこの制汗剤は使いすぎるとお肌のトラブルを引き起こす原因にも なるのです。

ちょっと話がずれますが、汗のニオイについてお話します。

汗は汗腺から分泌されます。
この汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

ちなみに!汗腺の腺は線でななく腺です。

脇はアポクリン腺が多く分泌されています。
この脇からの汗はフェロモンなどニオイの成分を多く含むことが知られています。

脇の汗のニオイはアポクリン腺のせいなのですね。

脇汗は1年中かいています。
脇汗で悩む人も少なくありません。

私も私の周りの人達も悩んでいます。
だからあなたも気にしないで!
では、話になりませんね(^_^;)

ワキ汗って洋服から染みてしまうと、はずかしいですよね。
なんだか・・・・

でも安心して下さい。
女優さんだってかくんですよ?

ま、それは置いといて・・・(笑)

脇を汗で蒸れたまま放置してしまうと雑菌が繁殖してしまいます。

これがニオイの原因になります。

ニオイもなんだかはずかしいですよね・・・
だから制汗剤を使うのです。

制汗剤は、汗を抑える収れん剤と雑菌を抑える抗菌剤が含まれています。
そして
脇のニオイはを香りの成分でごまかして消臭するものとニオイの元となる雑菌を殺菌するものなどあります。

どれにも共通しているのが。パウダーによって汗腺にフタをするという仕組みなのですね。

汗腺にフタをすれば汗の分泌が抑え込めるかというとそうではありません。

分泌される汗が多すぎると溢れだしますしお肌に負担となるのです。

また使いすぎて、かゆみや黒ずみなどのトラブルもあります。

私は、スプレータイプの制汗剤を10代、20代で使っていたこともありますが
スプレーを吹きかけると、脇に痛みを感じていました。
気のせいかなと思ったけど何度やっても痛い・・・
ちくっとした痛みでした。

だから怖くなってスプレータイプは使わなくなりました。
脱毛してるからなのか・・・
皮ふが弱いのか・・・・

しかもスプレーしても脇汗がとまることはなかったので
私にはそのメーカーのスプレータイプの制汗剤は効果がなかったってことです。

メーカーによっても汗のかき具合によっても効く効かないはあると思いますけどね。

 

スポンサーリンク

 

汗腺は毛穴です。
それを負担になるもの、つまり異物ですよね。
その異物で防ぐことはお肌にとって負担でもあります。

制汗剤に含まれる収れん剤の成分には酸化アルミニウム
などの金属塩が含まれています。
これが人体にいいものであるはずがありませんよね。

もちろん汗を抑えてくれるものではあるのでできれば使いたい。

そういう場合は、量を減らす、使用頻度を減らす
またはほかのものに変えるなどの工夫が大切です。

脇って意外とデリケートな部位なんですよ。

毛穴を塞いでしまって老廃物となる汗の排泄を
妨げてしまうことで余計にニオイがきつくなってしまうケースもあったりもするのです。

使いすぎには注意しながらお肌のためにも
負担にならない程度に使っていきたいですね。

 

私のおすすめオドレミン

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る