二の腕のぶつぶつは子どものころから発症する!?

二の腕をさわると、ザラザラしているってことないですか?

ちなみに私はないんですが・・・

お客様を施術していると二の腕がぶつぶつになってしまっている方が意外と多いのです。
そして悩んでいる。

ブライダルを控えたお客様は、ドレスを着ると二の腕が出るので
どうにかしたいというお声が多いのです。

この二の腕のぶつぶつ。
正体は一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

これは、
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」と言われているお肌の疾患です。

どんな症状化というと、
二の腕にはもちろん、肩、太もも、背中などの毛穴に角質がつまって
しまい、丘疹(きゅうしん)つまりぶつぶつが出来てしまうのです。

触るとざらっとしていますよね。
ぶつぶつはもちろん赤みをふくんでいます。

だから目に見えてわかる症状だと思います。

「あの人二の腕ぶつぶつしてるなー」と私はわかってしまいますけどね。

自覚症状はさほどないのですが、たまにかゆみなど感じる人もいるようです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、一般的な皮ふ疾患です。
子どもの頃から発症するとも言われています。

もっとも多いのが思春期ですね。
20代以降は年齢とともに軽減して30代ごろになると自然に
消えていく人もいますが、消えない人もたくさんいます。

その程度はまさに人にもよって違います。

かなりぶつぶつがひどい人もいれば、軽度の人もいますね。
ひどい人は赤みも結構あります。

エステでの施術で治せるものではないので
できる処置としてスクラブをして保湿をしています。

原因は、はっきり解明されていません。
遺伝によるものとも言われています。

スポンサーリンク

ぶつぶつした丘疹の中は角栓で、毛穴の周りの角質が肥厚して
毛穴をふせいでしまうことで丘疹が発生。
角質以外には毛などもつまっていることがあるそうです。

自分で治せるかというと治ったという人もネット上ではいました。
お客様は、病院に行ったけど治らなかったという人もいました。

今は尿素入りのクリームなども市販で売られていますよね。

皮ふ疾患なので
タオルなどでゴシゴシしてはNGです。
また、丘疹をつぶしてしまうなどもNGです。

保湿は大切ですよ。
顔も体も保湿は大切。
二の腕も保湿してあげましょう。
乾燥してしまうと角化が早まり悪化してしまう可能性もありますから。

ただ間違った方法は、色素沈着になったりする場合もあるので
ひどい場合は病院に行ったほうが賢い選択です。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る