紫外線の目への影響はどれくらいあるのか?

近年、目にも紫外線に影響があると言われています。
要は 目も日焼けをしているのです

紫外線を浴びるとシミの原因となるメラニンが 作られます。

目から入った紫外線の刺激でも 体内では「メラニンを作れ~!」という指令が
出てメラニンが生成されてしまうのです。

詳しく説明すると、
紫外線が目に入ると角膜が炎症を起こします。

その刺激が脳下垂体に伝わります。

そこで「メラニンを作れ~!」という指令が 出されるのです。
ただ、紫外線を浴びた部分だけがメラニン生成されて
シミの原因になるというわけではないのですね。

紫外線が目に与える刺激によるシミやくすみを防ぐには、

UVカット効果のあるサングラスをかけたりすることが大切なのはおわかりだと思います。

目には日焼け止めを塗ることができません。
紫外線防止の目薬なんか出たら画期的だけど・・・

お肌以外も紫外線対策が必要なのですね。

コンタクトレンズもUVカット仕様になっているものが あります。

そうなると、
サングラスが最大の紫外線予防になりますね。

さて、サングラスの選び方ですが
ポイントがあります。

○紫外線透過率の表示があるものを選ぶ
サングラスとしての紫外線カット率として
0.1以下の透過率が低いものを選びましょう。
目にとって、UV-Aという太陽光に含まれる
光成分のひとつをどれだけカットするかが重要です。

○サイズは大きめ、側面がフィットしているもの

紫外線は、サングラスの上、下、横の隙間などからも
侵入してガラス裏面に反射して目にはいってきます。
フレームまたはレンズ面が大きいもので目やまぶたを
覆い側面にもフィットするようなカーブがついたものや
幅の広いサイドフレームがついているものがおススメです。
ちなみにセレブが愛用している大きなサングラスは
かっこいいのですがものすごく暑いです・・・(^_^;)

そして重さが結構あるのでつけていても重いし汗かきます・・・。

○レンズの色に注意する
色が濃いものが紫外線をカットするものを思いがちですがそうではありません。
色がついていない無色のものでも紫外線透過率の低いものが紫外線をカットします。

濃い色のレンズは瞳孔が開きやすくなってより多くの
紫外線が目に侵入してダメージを与えてしまうので注意が必要です。
これらのポイントに注意してサングラスを選びましょう。

また、曇りだからと言って紫外線対策を怠ってはNGです。

曇りの日で紫外線はしっかりと降り注いでいます。

サングラスはファッションアイテムでもありますが
紫外線から目を守ってくれるアイテムでもあります。

上手に利用して紫外線対策していきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る