暑さ対策には「首」を冷やそう!

連日、猛暑日続きですよね。
こう暑いと外出するのも本当に危険だなと思います。

熱中症や夏バテなど夏特有の症状がありますから健康管理には注意したいですよね。

スポンサーリンク

近年、厚さ対策グッズも充実しています。

涼感スプレー
涼感敷きパッドや枕カバー
首にまく冷感タオルもありますね。

私は朝、メイクをする時に保冷剤を顔や首にあてたり、

外出時は濡れたタオルを凍らせて持ち歩いたりします。

ポイントは「首」です。
首まわりを重点的に冷やすことはメリットがあるのです。
首には上神経節・中神経節、星状神経節という自律神経のツボのようなポイントが集まっていて
ここを冷やすことで全身のクールダウンが効率的にできます。

体中がほてった時は、首を冷やせば全身のオーバーヒートが防げるのです。
「暑さにやられそう……」という場合は、しっかりと冷やして熱中症を防ぎましょう。
もちろん水分補給も忘れずに!

また、首を冷やすことで代謝がよくなるという効果もあります。
つまりダイエットにも効果的なのです!

首には「褐色脂肪細胞」と呼ばれる部分がありここが刺激されることで「身体をあたためないといけない」という指令が下り、
体温が上昇=代謝がグッとアップするという仕組みになっています。

ダイエットをするなら、首まわりを冷やしてからするのがオススメ。
シャワーや冷えピタや冷感スプレーを使えばOK!
そうして代謝がアップした状態で筋トレやエクササイズをすれば、
より脂肪を燃焼しやすくなるのですね~

スポンサーリンク

とはいえ、何事も適度が肝心であることも事実です。
例えば、首が冷え過ぎるとその部位の筋肉が硬直して血流が悪くなり、
脳細胞に十分な栄養や酸素がいきわたらず自律神経の働きが狂うことになりかねません。

結果、首こりや自律神経失調症の原因になってしまったりもします。
具体的には目まいや偏頭痛、吐き気、睡眠障害を引き起こします。

反対に、首をあたためると全身があたたまり自律神経のバランスも整います。なので冬場は「首」をあたためたほうがいいのです。
とりわけ、首の後ろには大きな血管が通っているのでここを集中してケアするといいですね。
冷えピタは首の後ろがおススメです。
屋外では熱中症対策が必要な猛暑であっても、
その一方で屋内はクーラーで冷え過ぎということもありますよね。
数年前、猛暑の夏に鍋の素やコンビニおでんがバカ売れしたことがありました。
これはクーラーによって冷えてしまった体をあたためたいという心理からでしょうね。

冷房による身体の冷え過ぎ→体調悪化を防ぐためには、
熱中症対策とは反対にタオルで首を巻くなどして首をあたためれば、
体温の低下を防ぐことができるわけです。

私はアップにしてる髪の毛をおろしたりしています。
急激な気温の上下は夏バテにもつながります。
「首」は健康を大きく左右する部位であり、首まわりに気を配るだけでも十分対処できるのですね。

まずは首から、体調管理をしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る