レチノールとは肌にどのように作用するのか?

今回の気になる成分は「レチノール」

レチノールは、エイジングケアには欠かせない代表的な成分です。

しわ対策に効果的!

どんな効果が期待できるのでしょう?

スポンサーリンク

レチノールは、パルチミン酸レチノールというビタミンAの一種です。
ビタミンAもお肌には欠かせない成分なのです。

役割としては、お肌や粘膜の強化。

ハリやツヤ効果のある化粧品に含まれることが多いですね。

抗酸化力に定評があるのは、ビタミンCなのですが
さらにうえなのがこのビタミンAなのです。

レチノールは、効果が大きいのですが副作用も大きいので使う時は、注意が必要な成分です。

化粧品に配合されるものは、先ほども出たパルミチン酸レチノールが主流です。
美容皮ふ科などのピーリング治療にはレチノイン酸が使われています。
刺激が強いので化粧品の配合は禁止されているようです。

パルミチン酸レチノールの化粧品の効果としては、

『しわ』です。

お肌のハリを出すコラーゲンやエラスチンは、繊維芽細胞(せんいがさいぼう)より作られています。

この繊維芽細胞が活発であればあるほどコラーゲン、エラスチン、はたまた
ヒアルロン酸などがどんどん作られてきます。

しかし、悲しいかな年取るごとに衰えるってのが人間の性でございます。

そこで、レチノールが救世主になってくれるというわけです。
レチノールは繊維芽細胞を活性化させてコラーゲンやエラスチンなどの作るスピードをアップさせてくれるのです。

このレチノールを使い続けることでお肌のハリやしわに効果的に働いてくれるのです。

もちろん予防にも効果的です。

さらには、毛穴の悩みにもアプローチしてくれるので

『ニキビ』にも有効です。

レチノールは、ピーリング効果があります。
角質層を整えて水分保持機能をあげてくれます。

余分な角質を落として皮脂のつまりを防ぐことができるので
二期に有効的なのです。

また、大人ニキビには効果的ですが思春期ニキビにはあまり効果がないです。

そして、肌の新陳代謝(ターンオーバー)もサポートして
活性酸素を除去にも働きかけてくれるので

『シミ』にも効果的です。

レチノールのピーリング効果が余分な角質を落としてくれます。
シミやニキビ対策としてはピーリングは定番の処置法です。

レチノール入りの化粧品は、化粧水のような水分系の化粧品には少ししか配合されていません。
油溶性のため美容液、クリームなどのアイテムを選んだほうが濃度が高いと言えます。

目元専用のクリームなどには、レチノールが配合されているものが比較的多いと思います。

目の周りは皮ふが他の部位よりも薄いので効果を実感しやすいのですね。

レチノールが高配合されているクリームを顔全体につけてしまい
顔が真っ赤になり腫れあがったしまった知人がいました。

病院で処方されているもののようでしたが、あわてて病院に行って
処置をしてもらっていました。

やはり病院側で目元のみと指示されたら、それを守ったほうが賢明です。
しかもレチノールが高濃度に配合されています。

病院のピーリングもその人の肌の様子を見ながらレチノールの濃度を決めると思います。

化粧品の場合は1%~3%濃度のもの。
ピーリングなどは病院でやってもらったほうが高い効果を出すことができると思います。

スポンサーリンク

レチノールの副作用としては、
赤みやほてりやかゆみが出ることがあるようです。
肌が弱い人、敏感肌やアレルギーや乾燥肌の人は、少しづつ慣らして使うといいかもしれません。
パッチテストなども必要ですから。

早い劇的な効果を期待せず、予防するつもりで使ってみたほうが化粧品はいいですね。

誰の肌にも万能で合う化粧品はありません。
劇的な効果はお肌に負担になっていることもあります。

まずは見極めが大切になります。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る