あなたのお肌はどんなタイプ?

これまで「お肌(皮ふ)」に関していろいろお話してきました。

お肌がデリケートだというのはもうおわかりですね。
皮脂や汗の量、ホルモンバランス、年齢、季節、食生活
生活環境、ストレスなどにも過敏に反応します。

また、お肌はいろいろなタイプがあります。
自分のタイプはご存知ですか?

スポンサーリンク

だいたい自分ではわかっている方も多いのではないでしょうか?

肌タイプの特徴を見ていきましょう。

お肌はおおまかにわけて
「普通肌(ノーマルスキン)」
「脂性肌(オイリースキン)」
「乾燥・敏感肌(ドライスキン)」
「混合肌(ドライ&オイリー)」
と4つのタイプに分けられます。

ひとつづつ見ていきましょう。

普通肌(ノーマルスキン)

皮脂量・水分量ともにバランスが良い。
しっとりとみずみずしり理想的なお肌の状態です。

キメは細かく、うるおいがあり柔軟性に富んでいます。
血色がよく透明感とツヤがあります。

トラブルは、季節、体調、年齢によって変化はあるもののトラブルは少ない肌質です。

対処法は、季節・体調・年齢に応じたスキンケア。
現状を保つために体調の変化に応じたケアや
毎日のケアをしっかり行う。

脂性肌(オイリースキン)

皮脂量・水分量ともに多い。
脂っぽくしっとりしているお肌。

キメも荒く、全体的にテカリがありままう。
毛穴も開いていて目立ちます。
そしてお肌全体に厚みがあります。

トラブルは、洗顔してもすぐ脂浮きする。
化粧がくずれやすい。肌が汚れやすい。ニキビや吹き出物が
できやすい。毛穴が開いて黒ずみなどが目立ちやすい。

対処法は、肌を清潔に保つケアをする。
毛穴対策はもちろん脂分コントロールをする。
食生活なども見直します。

乾燥・敏感肌(ドライスキン)

皮脂量・水分量ともに少ない。
カサカサしていたり肌荒れがあります。

キメは細かい。でも全体的に乾燥しています。
カサつきが目立ち皮脂が少ないのでツヤがありません。
小じわも目立ちやすいです。
紫外線による乾燥によって肌にかゆみや湿疹が出る場合も
あります。

トラブルは、お肌のつっぱり。こわばり。メイクのノリが悪い。
乾燥しているので肌トラブルが多い。

対処法は、水分と脂分のバランスを保つケアを。
お肌を刺激しないようにする。

混合肌(ドライ&オイリー)

皮脂量は多くて、水分量は少ない。

部分的に乾燥していてバランスが崩れている状態のお肌です。

キメはやや荒目。

部分的に乾燥してかさついていたり、脂っぽかったりします。

口の周りや目の周りのかさつきやシワが目立ちます。

トラブルはTゾーンは脂っぽい。

部分的に脂っぽくて化粧がくずれやすい。その反対に部分的に乾燥している。

部分的にニキビができたり乾燥したりします。

対処法は、必要なところに必要なケアを。

部分部分に使うアイテムを変える。

水分をしっかり与え適度な脂分で肌バランスをコントロールしていきましょう。

食生活や生活習慣も見直してみましょう。

ちなみに私は、混合肌です。

いかがですか?

ご自分の肌タイプはわかりましたか?
肌タイプは把握しておくことが大切です。

それを知ることによってケア方法も違ってきますからね。

美容に関してのご相談ならお気軽にどうぞ♪

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る