サタプラ/サタデープラスでバービーがやっていた【お腹のたるみ解消法】

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)
本日もブログに訪問下さって誠にありがとうございます。

さて、前回の記事の続きです~

10月1日放送のサタデープラスでやっていた

「お腹とお尻のたるみの解消法」

「ほうれい線」では、大久保さんがチャレンジしていたけど

お尻とお腹のたるみでは、バービーがチャレンジしていました~

それでは、内容のご紹介です♪

スポンサーリンク

サタプラは、健康情報番組で私も毎週楽しみにしています。

今までも、酢しょうがだったり、レモン酢だったり

家庭にあるもので簡単に健康食の紹介してくれますよね。

今回は、女の敵である「たるみ」

年齢とともに顏だけじゃなくて身体だってたるんできますよね・・・

教えてくれるのは、中村格子ドクター。

大人のラジオ体操でも有名な先生ですよね。

私も以前に紹介されていた美脚ストレッチを毎日実践中♪

結果は・・・・聞かないで・・・(^_^;) 三日坊主だからー(笑)

先生曰く、

日本人の約7割の人は、太っているのではなくたるんでいる!

と。

え?

そうなの?

たるみはあるけど・・・
脂肪もあるよ? それにむくんでるし・・・

肥満の指標でもある「BMI」は、肥満にあたる人は3割程度だそうです。

健康体重ならそう言えるけど、女性が希望してるのって美容体重なんですよね・・・。

BMI=体重÷(身長)²

確かに、たるみを解消するだけでスッキリした印象にはなりますよね。
重力に逆らえないってことかなって思ってたけど・・・

先生の教えてくれる「お腹とお尻のたるみ解消運動」とは
どんなものなのでしょう?

メモも必要ないくらい簡単なんだって!

食事制限必要なし!1日2分の解消運動

え!
食事制限ないの?

1日2分だけでいいの?

めっちゃ、気になりません?

まず、脂肪ではなく筋肉をしっかり鍛えることが大切なのだそう。
重力に抗する筋肉、姿勢を作る筋肉を作ることが必要なのですと。

お腹や背中周りを中心とした筋肉を抗重力筋と言います。

この筋肉は、重力に逆らって立つためには必要な筋肉なのです。
これが弱まると姿勢が悪くなってたるみを引き起こすのです。

理にかなってますよね。

筋力がなけりゃ、痩せやすい体質にはなりませんからね。

スポンサーリンク

お腹とお尻のたるみを改善させるアップダウン運動のやり方

↑アップ運動↓

この運動は、お腹と背中周辺の抗重力筋を鍛えることによって
お腹のたるみを改善していく運動。

1.かかとをつけて足を60度に開く。
2.手は頭上にまっすぐ伸ばして手のひらをくっつける
3.かかとをつけたまま、つま先立ちする

このまま5秒キープ~

4.かかとをつけたまま元に位置に。

慣れないと、ぐらぐらすると思います。
壁にもたれてやっても大丈夫です。

お腹と背中が真っ直ぐに伸びることが重要ですよ。
反り腰に注意しましょう。
お尻に力を入れると、まっすぐ伸びますよ。

これだけでも、汗かきます・・・・

これを1日1セット5回。
朝、起きた時にやると頭がスッキリするよ!

t

お次は、↓ダウン運動↓

この運動は、お尻の筋肉すなわち大臀筋を鍛えることによって
お尻のたるみを解消する運動です。

大臀筋は、鍛えにくいんですよね・・・
でも、鍛えた時に大きな変化が現れます。

1.足を肩幅より広めに開き、つま先を外側に開きます。
2.このままゆっくり腰を落としていきます。
ひざが内側に入らないように、足の中指の方向に開いていきます。
3.5回繰り返します。

下げたときに膝が内側に入ると別の筋肉を刺激してしまうので注意しましょう~

4.5回目は、腰を下ろした時に軽く上下アップダウンしましょう~

こちらも1日2分やるだけ!

バービーもウエスト-7cm、おへそ周りは-8㎝の結果が出ていました!

きっと、サタプラ見た人で痩せたいと思ってる人はやってるね(笑)

だって、簡単・時短だから!

私も早速やっています。

どんな結果になるのか今から楽しみです~

おススメの時間帯は寝起きの朝イチなので、朝の習慣にしたいと思います~

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る