知ってた? 日傘の紫外線カットの寿命が意外に短いこと

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)
本日もブログに訪問下さって誠にありがとうございます。

しばらくお肌に関する少し専門的なお話だったので
ここらで小休憩でコラム的なものをお届けします。

夏場に必須の「日傘」

日傘に寿命ってあるんですか????
あるんです!!!!!!
日傘は夏しか使わないから大丈夫って思っていませんでしたか?
でもちゃんと寿命があるのです。

スポンサーリンク

壊れるまで使っていませんか?

日傘は、壊れるまで使っていては意味がないのです。
日傘の寿命は3年ほどと言われています。
ただし、これはしっかりとお手入れしている場合です。

していなかったら1年ほどだと思ったほうがいいですね。

今の日傘はほとんどUV機能がついています。
寿命が切れた日傘はその機能がなくなってしまい
お肌はモロに紫外線を受けてシミの原因をじゃんじゃん作っているのです。

日傘はしっかりと乾燥させて暗い場所で保管する。
3年ほど経過したら新しいものに買いかえる。

晴れ雨兼用の日傘は、捨てることなく雨専用としても使えますね。

ただ大雨などの場合はあまり適していません・・・
雨もれてきたりしましたから(^_^;)

日傘の選び方

黒の日傘や洋服は紫外線だけではなく赤外線も吸収しています。
白の日傘と比較しても紫外線をカットしている割合は高いのです。

UV加工がされているものなら、表面の色はあまり関係ないのですが
内側の色が白いに近いと照り返してきた紫外線を

反射させてしまい浴びてしまうことに
なるので、なるべくなら黒がいいでしょう。

内側の色がシルバーやゴールドのものもありますが、
この色も残念ながらコーティング生地になっていて
照り返しをお顔に集めているようなものなのです!

☆UVカット加工
UVカット加工の日傘は、
商品になったものに後から、紫外線吸収剤などを
吹き付けたりして加工したものです。

水洗いはできません。

☆UVカット素材
UVカット素材の日傘は、
紫外線吸収剤を(カーボン、セラミック、チタン)
繊維製造時に練り込む方法で作られたものです。

このタイプは水洗ができます。

洗濯によって、 UVカット効果が薄れることがないからです。

ただし、濡れるとサビ等が発生しやすくなるので、
シッカリと水分を乾かす必要があります。
ちなみにレースの日傘は紫外線防止としては
あまり適しておりません。
最高の組み合わせの色としては
生地そのものが暑くならず照り返しの紫外線も
防いでくれるもの。

外側:シルバーまたは白

内側:黒または紺などの濃い色が最強の組み合わせになります。

この色って意外と少ないかなと思います。

そうなると、あまりかわいいデザインがないのが
難点かもしれません・・・・

外側が黒、内側がシルバーはよくあるんですけどね・・・。

しかもお値段が安いんです(笑)

ま、日焼け防止のためですから。
そこは少しの妥協が必要かもしれませんね。

日傘は、紫外線対策の必需品です。

効果のあるものを選んで紫外線を防止していきましょう!

紫外線カット率99%! 外側シルバーレース!

 

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る