汗ってなんなの?

私達が普段かく汗。
汗っていったいなんなのでしょう?

汗の働きは主に体温調整です。
体温をほぼ一定に保つため汗をかくことによって
熱をにがしているのですね。

熱中症はこの汗が体にこもってしまうのです。

汗には良い汗と悪い汗があります。
良い汗はさらさらでニオイがないのです。
悪い汗はべたべたしてニオイがあります。

それはなぜなのでしょう?

体臭と密接な関係があるのも汗です。
そして種類があるのですね。

美しいお肌を保つのに関係の深い付属器官に
「汗腺」があります。
つまり汗のもとです。

汗腺の種類を見てみましょう。

汗腺には、「エクリン腺(小汗腺)」と「アポクリン線(大汗腺)」の2種類があります。

apokurin

(画像はお借りしています。)

☆エクリン腺とは?

体全体に分布していて生まれた時からあります。
体温を調整する役目があります。
精神的な緊張などの際に発汗します。
強い味覚刺激(辛みや酸味)などでも発汗します。
エクリン腺は独立していて手のうらや足のうらなど400万個分布しています。

透明で水分がメインとなっていてニオイがありません。
また1日に10リットルの汗を分泌する能力があります。

☆アポクリン腺とは?
部位としてわき、耳の穴、外陰部、肛門などに分布しています。
思春期などのホルモンの影響を受け、毛包とつながっているために密集部に
発達します。
空気中で変質して特有のニオイを放ちます。
なので体臭の元となります。
わきがなどそうですね。
乳白色で少し色味があり水分、タンパク質でできています。
この2つの汗腺は性質が違うものなのですね。

岩盤浴やホットヨガ、サウナなどでかく汗は
無臭の汗です。
いわば良い汗ですね。

良い汗はかくとデトックスになります。
これは後日お話します。

汗にも種類があるのをおわかりいただけましたでしょうか?

汗はかくものです。

汗は悪者ではありません。

上手に汗をかいて快適に過ごしていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る