プロの美容家もやっているスキンケア

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)

今朝、起きて鏡を見たら右頬が赤くなっていました。
触ってみたらザラッとして肌荒れを起こしていました!

原因はわかりません・・・
なんだろ・・・
枕の摩擦かなー?

今回は、プロの美容家もしてるスキンケア方法をご紹介しまーす♪(って私もプロだけど・・・(*´艸`*))

スポンサーリンク

美肌の基本は・・・○○と〇〇

美肌の基本って洗顔と保湿なんですよ。

これは今も昔も変わることってないんですよね。

まずは、洗顔。これは基本中の基本。

洗顔は、クレンジングも入ります。

そのクレンジング剤の選び方だけど、お肌にやさしいものを選びましょうってことなんですけど
お肌にやさしいってどういうこと?って思いませんか?

弱酸性?
無添加?
アミノ酸?

いろいろありますよね。

私はお肌が基本的に弱いので、界面活性剤が入っていないものを選ぶようにしています。

界面活性剤って天然性のものもあるのですが、クレンジング自体は化粧を落とすものとはいえお肌に負担がかかるものです。(何度も言ってるよね(´ε` ))

合成の界面活性剤はお肌に悪いというのは一時期話題になりましたよね。

その負担自体をなるべく減らすことがこれが大切です!

界面活性剤は、食器用洗剤に使われているものでこれが化粧品つまりクレンジングなどに使われていることを知った消費者は愕然としたんですよ・・・(-.-;)

特に注意するのは石油系界面活性剤です。

化粧品の裏側には成分表示が義務づけられています。

化粧品などの裏側にある成分表示を見てみましょう。
「ラウリルグルコシド」
「テトラオレイン酸ソルベス」
「セスキオレイン酸ソルビタン」
「テアリルアルコール」

これらは合成の界面活性剤で他にも数千種類があります。

洗浄力が強くお肌には相当の負担になります。
オイルや乳液などには乳化剤など入っている場合があります。

水で落ちるオイルというのは界面活性剤が入っているのでオイルクレンジングとしてはあまりおススメできないということがご理解頂けると思います。

オイルでもおススメは植物性の天然オイルです。

ホホバオイル、セサミオイル、スイートアーモンドオイルなどがありこれらはアロマセラピーで使われているキャリアオイルというものです。

精油と使うことで相乗効果があるのですが単体でも使うこともできます。

極端な話、オリーブオイルでも大丈夫なのです。

天然のオイルは、ぬるま湯や水などでは流れません。
そして油は水より軽いので浮きますよね。
ここが選ぶ時のポイント!

お肌に負担のあるものはなるべくだったら排除したほうがいいと思いませんか?

私はオイルクレンジングに一時期はまったことがありますが、最初は良かったものの そのうちお肌の様子がおかしい・・・

なんだか調子が悪い。お肌になめらかさがなくなってきたんです。
だから使用をストップしました。

体調によってもお肌って変化するの常日頃、ご自分のお肌を観察することはとっても大切なんですよ。

プロもやってるスキンケア!

そして、クレンジングは素早く丁寧にをモットーにして下さい。なるべく3分以内。
これも耳が痛いくらいにこのブログで言っておりますね・・・、はい・・・。

その後、しっかりと洗顔を行う。クレンジング剤や洗顔剤を残らず洗い流すのです。

この時に「毛穴の中を洗い流す」を意識してみるといいですよ。毛穴がスッキリして黒ずみを防ぐことができますから(^o^)

クレンジングは「お化粧を落とす」が目的で、洗顔は「お肌自体にある皮脂や汚れを落とす」が目的です。

洗顔を変えるだけでお肌って変りますよ。

次に保湿です。

水分の保湿は化粧水ですね。

美肌は油分と水分のバランスがとれてることが条件。

私的には、化粧水はちびちび使うのではなくたっぷり使うことがいいと思います。

安い化粧水をたっぷり使う!派なんだけど、高い化粧水のほうが好き!という方はそれを適正量使うのがいいです。

チビチビもったいぶってつけるというのがあまりよろしくないのです。

コットンでお肌に傷がつくことがあるので使う必要性がないと思えば使わなくて大丈夫。
これもいろいろな意見がありますよね。

私は、断然「手」でつけます。

それは、「手」で自分のお肌を「観る」からです。

その日の状態でお肌が潤っているのか、荒れているのか観ます。

慣れると感覚でわかるから、先程も申し上げたように「常日頃から自分のお肌を観察すること」が大切なのよ♪

手でつける場合は、しっかりとなじませるようにつけて下さい。

なじませるのがとっても大切!

乾燥が気になるなら、「これでもか!」と思うくらいにつけてみて下さい。

続けていくとお肌の内側が水分でうるおってきて化粧水を大量につけなくてもいいお肌になってきます。

まずは自分の手が吸い付くほどにつけてみて下さい。

手が吸い付くのがポイント!

スポンサーリンク

仕上げの保湿。

化粧水でお肌をうるおしてあげたら、油分でフタをしてあげましょうと良く言いますよね。

この油分は乳液やクリームのことです。
美容液は、お肌に栄養分を与えるものと思って下さい。

アラフォー世代以降は、クリームが断然おススメです~

乳液は乳化剤などが入っています。

どちらもつけるという人もいますがその必要はありません。
乳液かクリーム。どちらかでかまいません。

どうしても両方つけたいのなら、乳液をつけたあとに気になる目元や口元に少量つけるといいと思います。

この基本のスキンケアを毎日丁寧に行ってみて下さい。

何も難しいことはないですよね?
どれも基本です。

プロだって基本守ってスキンケアしているのよ(*´艸`*)

お肌は丁寧に扱えばきちんと応えようとします。コツコツとケアすることが一番美肌になる近道なのですね。

プロフェッショナルだって基本を忠実に守りスキンケアしていますよ♪

洗顔.jpg

この基本のスキンケアでお肌は変わってきます。
ぜひ、実践してみて下さいね。

まぎー、おススメ本

ブログ読んでるけど、なかなか毒舌で化粧品業界を語っている方ですよ。
読んでみる価値ありよ!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました~!

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る