馬油の読み方は? 意外に万能な美容としての効能効果

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)

今回は、「馬油」のことについて書きたいと思いますー

私が馬油のことを知ったのは、小学生だったと思います。

父が「お肌にいいらしい」ってことで買ってきたんです。

子供ながら

「馬の油!? えーー、気持ち悪い・・・。」って(^_^;)

でも、その馬油を家族で使っていたんです。

どんな効果があったかって?
その頃の記憶はもう定かじゃないんだけど・・・・

スポンサーリンク

そんな馬油ですが、今の私のスキンケアアイテムの1つとなっています。

テレビを見ていた時に、日本一の美肌の持ち主と言われているビューティーモデルさんが

「お風呂上りは、馬油のみつけてマッサージしています。」と
言っておりました。

IKKOさんだって大絶賛してるんだよ。

馬油だけー?って思って、私も風呂上りのスキンケアを
馬油だけにしてみたら・・・・

次の日の朝・・・

触り心地が全然違う!
お肌がやわからい!
しっとりしてるーーー!

と驚きの3連発でございましたー

夏のお肌は、紫外線や冷房でどうもごわつきがちだったからね。

今までは化粧水をつけてから馬油だったんけど。

それもお肌は調子良かったけど、他のアイテムつけないで
馬油つけたほうが断然良かったのですよ。

恐るべし!馬油!

ってことで馬油を改めて調べてみました。

馬油ってなんなのさー?

馬油は、馬の油って書くけどお馬さんから絞りとった油なのか?

って思いません?

私は、幼き頃は思っていました(笑)

でも、その通りらしく

「馬の体の一部分から取り出された油」のことを言います。
たてがみやその基部や皮脂脂肪増から取り出す脂肪のことで
中国では漢方薬のひとつなのです。

読み方は、「ばーゆ」「まーゆ」なんて言いますよね。

馬油の効果効能は?

馬油の効果効能の一番と言えば「保湿」でしょう。

あのニベアにも勝るとも劣らずと言われています。

 馬油の特徴
○強力な浸透力
○抗酸化作用
○殺菌作用
○炎症を鎮め、熱を取り去る
○保湿
○血液循環促進
○保温
○植物性と動物性脂肪の中間
○食すことができる

とこーんなに素晴らしい効能効果があるのですな。
食べるのは私も抵抗あるんだけど・・・(^_^;)

ふむふむ。

肌荒れはもちろんのこと、ひび、あかぎれ、やけど、切り傷など
民間治療薬として知られております。

あとは、アトピーやニキビなどの治療薬としても処方される場合が
あるそうですよ。

こう見ると・・・・
とある薬に似ています。

わかります?

それは~「オロナイン」!!!!!!

オロナインと効果効能が似ていますね。

ま、馬油のほうがなんか自然というか添加物がないという感じがします。

私はオロナインも使っているけど、切り傷の時やおしりのニキビに活用しています(笑)

おっとっと話がそれてまう・・・。

馬油は、これだけ素晴らしい効果があるんですもの。
使わない手はないですよね。

私は先日、お肌に合わない日焼け止めを使ったら
赤くなってしまいお肌ががさがさになりました。

これは大変!ってことで
風呂上りは、馬油をつけてことなきを得ました。

馬油をつけた翌朝は、がさつきが治まって赤みも消えていました。

馬油の美容効果

馬油は、いろいろ商品化されてもいます。

スキンケアクリームとしてはもちろんシャンプーなどにも使われています。

美容効果はなんといっても「保湿」です。超、保湿力が高い!!!!

乾燥したお肌は、すべての肌トラブルを招きます。

シミ、シワ、たるみ、ニキビこれらぜーんぶ招きます。

これらを防ぎたかったら、まずは保湿するのが一番なのです!

あと、メイク落とし変りにも使えます。

IKKOさんがおススメしている洗顔法

IKKO流馬油洗顔法
1. 朝、ソンバーユを顔中に塗って軽くマッサージ後、5分置く
〈ポイント〉毛穴に溜まった皮脂は馬油でスッキリ落ちる
2. 軽く拭き取る
3. 泡洗顔をする

洗う前に保湿する!これがポイント!

美のカリスマが言ってるんだもの。
間違いない!?

でも私はこの洗顔法おススメです。
本当にさっぱりするし、もちもちお肌になりますよ♪

あと、保湿力を生かしてひじやかかとのがさがさにも有効的。

シミにも効果的なのです!

動物の中で唯一人間の脂分と似た成分である馬油は、
肌への浸透力が高いため皮下組織まで到達してその栄養分が肌に働きかけてくれ血行が促進します。

その血行促進によって肌の代謝が良くなり、
肌の再生に働きかけてくれ、
新しい肌細胞が表面に出てくることで肌に透明感が出たりシミが薄くなったりするのだそうです

わぁーお!

私は、シミに有効なハイドロキノンをつけた後は馬油をつけています。

あと、おススメな使い方としてブースターとして使う。

化粧水の前に馬油を薄くつけます。
軽くマッサージ
ぬるま湯で洗い流して軽くふきます。
そして化粧水。

こうすると、ほうれい線が薄くなるって噂を聞いて日々実践中。

ニベアよりも効果があるとネットでは話題になっています。

馬油は人の皮脂に限りなく近く赤ちゃんからお年寄りまで年齢問わず使えます。

そして頭皮や髪の毛、顔、体とまさに万能クリームなのです。

テクスチャーのクリーム自体がやわらかく、伸びがいいです。

ドラッグストアなどでも気軽に手に入ります(^_-)

一家に一個「馬油」を備えておいても損はないですよね?

馬油といえば「ソンバーユ」!

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る