あごにできるニキビは大人ニキビの一種です。

大人ニキビって、あごにできやすいですよね。

あごの部位は、子宮を表します。(女性)
生理前後にできてりしませんか?

ホルモンバランスが崩れているのが大きな要因です。

一度できてると、なかなか治りにくいですよね。

その他の原因も見てみましょう。

スポンサーリンク

一般的にニキビの原因は、皮脂腺がつまってできてしまうのが主になります。

他にも

ホルモンバランスの乱れ

ストレス
睡眠不足
洗いすぎや洗い残し
甘いものや脂っこい食事などの原因にもなりますね。

ストレスがあると血流が悪くなります。
血流を促すためにホルモンを分泌します。
すると皮脂が過剰分泌されるのですね。

睡眠不足は、男性ホルモンが分泌されて皮脂が過剰分泌します。

あごのニキビは、この男性ホルモンの影響を受けやすいのですね。

洗いすぎも肌が乾燥がしてしまい皮脂が過剰分泌されます。
洗い残しも皮脂腺がつまりお肌を刺激します。

甘いもの、脂っこい食事もまた皮脂を過剰分泌するのですね。

女性の場合は、生理周期に関係してあごにニキビができる人が多いですね。

生理は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが働いています。

排卵日以降は、黄体ホルモンが分泌されます。
このホルモンは男性ホルモンの影響を受けやすいので
あごにニキビができるのですね。

このニキビを治すには、

洗顔と保湿が大切です。

あごって意外ときちんと洗うことや保湿することを
おざなりにしがちです。

まずは、あごから洗う。
ここを意識してみて下さい。

あとはメイク用品のスポンジやブラシも清潔にしておきましょう。
汚れや皮脂がついてそれを放置すると酸化して細菌が発生します。
それをまた肌につけることでニキビが発生したりします。

また、ビタミンB群を含む食事をする。
ビタミンB群は、お肌のターンオーバーを促す食材です。

ビタミンB2は、納豆、豚肉、きのこ、イワシ
ビタミンB6は、バナナ、レバー、マグロ、卵
ビタミンEは、ナッツ類に多く含まれています。
女性ホルモン分泌を整えくれます。

スポンサーリンク

あと、ニキビができると気になって無意識に触ってしまいます。
あと気になってつぶしてしまったり。

手は汚れています。
触ったりすると、細菌が増殖しますからね。
気をつけましょう。

まずは、ホルモンバランスの乱れを改善するためにリラックスすることが
必要です。

できてしまったらストレス感じますが、ここは自分を見直すチャンスなのかも
しれませんよ。

ストレスがたまりすぎていないか?
食事が乱れていないか?
寝不足になっていないか?

きっと原因が見つかります。
見つかったら、それに向かって改善する。

それが一番の解決策かもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る