きちんと洗顔方法で3週間で美肌になる!

美肌は女性にとって永遠のテーマでもありますよね~
私もテーマです。

それには、日頃のケアが大切ですよね。
なーんにもしないで美肌になれれば苦労しないけど
そうもいかない現代です。

スポンサーリンク

美肌の基本は「洗顔」です。

この洗顔を甘く見てはいけません。
美肌は洗顔にはじまり、洗顔に終わるのです。
1に洗顔、2に洗顔なのです!

スキンケアのポイントは1番に「洗顔」
2番に「保湿」ですから!

「洗顔」+「保湿」
これが一番大事なのです。

きちんと洗顔がなされたお肌でないと
どんなにいい美容成分もつけていても無駄になります。効果がないのです。
また余分な皮脂や角質は肌荒れの原因にも なりますからね。

メイクしたままで眠ってしまった~!
とか
水で洗ってる~
とか
お湯のみで洗ってる~
というあなたは要注意です!

きちんと洗顔法をお伝えします。

☆洗顔前に手を洗う☆

手って意外と一番汚れているんですよ。
手につく汚れはバクテリアやウィルスなども
ありますからしっかり洗ってから洗顔です。

例えお風呂に入ってる時でも手は洗ってからクレンジングや洗顔をしましょう。

☆自分の肌に合った洗顔料を選びましょう☆

洗顔で一番大事なのは肌に合った洗顔料です。
石けんでもジェルでもミルクでもクリームでも
どれが自分の肌に合っているのか見直しましょう。

敏感肌の人がオイリー用使っても意味がないのです。

肌タイプに合ったものでも、肌との相性もあります。
使用後のお肌を観察してみましょう。

つっぱりや乾燥を感じたら、刺激が強いのかも!

☆洗顔前に肌を保湿しましょう☆

洗顔料もクレンジングもは肌にとっては実は刺激のあるものなのです。

お肌を整えてから洗顔をしましょう。

まずは洗顔料をつける前は、ミストやぬるま湯で肌を濡らしましょう。
クレンジングにいたっては乾いたお肌につけるものもあります。
その場合はホットタオルがおススメです。
ホットタオルを顔にのせてメイクをふやかすのです。
すると短時間でクレンジングが終わります。

☆ゴシゴシ洗わない☆

摩擦はお肌にとって最も禁忌です。

洗顔は汚れを落とすのが目的ではあるけど
ゴシゴシとお肌を強くこするのは肌荒れの原因にもなるしお肌を傷つけます。

泡で洗う場合は、もっちりたっぷる泡立てて
指がお肌に触れないように洗って下さい。

泡立たない洗顔料などは、お肌がよれないようにする。ぎゅっとしないことです。
肌が凹むほどに、力を入れる必要はないのです。

小鼻の回りなど特に毛穴が気になる箇所は、
柔らかい毛先のブラシを使うのもオススメですよ。

100均にも売っています。

 

スポンサーリンク

 

☆ぬるま湯でよーくすすぐ☆

洗顔料をつけた肌はとても敏感になっています。

そんなお肌をお湯や冷たい水で洗うと、余計に負担がかかります。

少し冷たいなと思う程度のぬるま湯で洗いましょう。

また洗顔料が肌に残ったままだと毛穴のつまりや肌荒れや乾燥の原因になるので、
必ずきちんと全て洗い流すようにしましょう。

特に洗い残しの多い生え際は注意ですよ。
ここ残っている人、結構いますよ。
あとフェイスライン。ここも注意です。

☆洗顔後はすぐに保湿をしましょう☆

洗顔後の肌はとっても敏感な状態で、水分が蒸発しています。

タオルで優しく水気を軽く拭き取ったら、(この時もゴシゴシ厳禁!)
時間をおかずに保湿をするのがきちんと洗顔のポイント。

ハンドプッシュで丁寧に化粧水をつけて下さい。
手がお肌に吸い付いてくる感じになったら水分チャージ終了です。
その後、保湿として美容液はクリームなどつければ完了です。

いかがでしたか?
このきちんと洗顔、なにも難しくはないですよね?
習慣化すればめんどくさいなんてこともありません。

まずは3週間続けてみましょう。
2週間目ぐらいから変化を感じます。

今までの洗顔を見直して、美肌をゲットしていきましょう~

美容に関してのご相談ならお気軽にどうぞ♪

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る