ガサガサ乾燥肌にならないために!入浴時間は○○分以内!

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)
本日もブログに訪問下さって誠にありがとうございます。

冬になると楽しみなのが「お風呂」ですよね?

私は、スマホや本を持ち込んで汗かくまで入ります。

ただ!時間は守っていますよ。

え? 時間を守る?

この時間を守ることで乾燥肌にならないですむんです!

スポンサーリンク

寒い日のお風呂は、心も体も温めるのにいいですよね。

私にとっては、美容タイムでもあります。

ゆっくり湯船につかりながら本読んだりスマホで動画見たりします。

この一人の空間でないとできないことをします。

マッサージやパックもしていますよ。

ただ、お風呂の入り方によって乾燥肌を招いてしまうことがあります。

それはなにか?

長時間お湯に浸かる

半身浴は30分以上しています!
って人も多いですよね。

半身浴は、時間が長ければ長いほどいいと思ったら大間違いよ!
(魔女っ子メグちゃん風。。。)

湯船に長時間浸かるのは肌のバリア機能を低下させてしまい
乾燥肌を招く原因になります。

湯船につかる時間は「20分以内」がベスト!

この時間を守ることによって乾燥肌を防ぐことができます。

熱いお湯に浸かる

お風呂の設定温度は何度になっていますか?

40℃~42℃ぐらいが多いのではないでしょうか?

熱いお湯は、お肌への刺激が強いのです。

NMF(天然保湿因子)やセラミドを奪ってしまいます。

また、交感神経を指摘して心身の緊張を高めてしまうのです。

お風呂上がりに結講、心臓がバクバクしていることがあります。

「38℃~39℃」程度の温度でお風呂に浸かると
乾燥肌も防げますし、夜ぐっすり眠ることができますよ。

体をゴシゴシ洗う

摩擦こそ乾燥肌の原因になります。

顔も体もそうですが、ゴシゴシ洗いはNGです。

ゴシゴシ洗うことにょって、余分に皮脂を落としてしまうことになります。

皮脂こそ乾燥から肌を守ってくれるものです。

ゴシゴシ洗いを避けるために手で洗うといいとも言われています。

私は、やわらかいボディー用のタオルで優しくなでるように洗っています。

ナイロン素材のタオルは、汚れが落ちた感じになっていますが
お肌の刺激が強いし乾燥肌の原因にもなります。

タオル選びも天然素材にしてみるなどお肌にやさしいものを選んでみましょう。

先に髪の毛を洗う

洗う順番はどうですか?

私は、髪の毛を洗いトリートメントしてから体を洗います。

それは、洗髪時に背中などに残ってしまったシャンプーやトリートメントを

洗い流すためでもあります。

トリートメントをしながら、体洗ってる人も多いはず。

シャンプーやトリートメントも肌荒れの原因になったりするんですよ。

とくに、背中のニキビが治らないという人は
シャンプーやトリートメントがちゃんと落とせていないかもしれません。

頭を洗って体を洗ったほうが、シャンプーやトリートメントも
きっちり洗い流すことができますよ。

スポンサーリンク

「乾燥肌を制するものは美肌をも制します」

この時期は、暖房のみならず外の空気も乾燥の原因になります。

お肌は夏同様に過酷な状況下に置かれることになります。

ちょっとした意識で乾燥肌は防ぐこともできますから
ぜひ、参考にしてみて下さい!

あ!

お風呂上がりは、保湿も忘れずに!

このアロマの入浴剤オススメだよー!

こちらの記事もチェック!

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る