そばの栄養素は、健康と美容に最適!

わんこ大好きエステティシャンのまぎーです(*^_^*)

やっと、10月に入ってもなかなかスッキリしない日が続きましたね。
お仕事のお休みの日、ずっと雨だった・・・(-.-;)

湿度も低くて気持ちいい気候ですよね。
秋本番といったところでしょうか・・・。

この間、テラスでおそばのランチを頂いたのよ。
とってもおいしかった。

ということで今回は「そば」の健康や美容の効果を調べてみたよん♪

スポンサーリンク

おそばお好きかしら?

私は好き♡

まぎーの旦那さんが信州出身なんだけど、おいしいおそば屋さん多いのよ。

お家でもよくおそばゆでたりしますよ。

この間、「マツコの知らない世界」でもおそばの特集やっていたけど
テレビで紹介されていたおそばがいつも売り切れ状態・・・。

売り切れってことはおいしいのよね。

おそばは健康と美容に優れた食材。
ダイエット中もおススメなんて言われていますよね。

これからの時期は温かいおそばがおいしい!

おいしいだけじゃない!新そばの豊富な栄養

10月に入ると「新そば入荷」の看板を掲げているおそば屋さんを見つけました。

新そば?

はずかしながら、まぎー初耳(^_^;)

新そばとは、
実を収穫してから約1~2ヶ月で提供されるおそばのこと。

へぇ~。

この時期のそばは、1年の中でも最もおいしく食べられるんですって!

これまた初耳!

おそばは、お米やうどんとは違い実を精製せずに挽いて作るので
もともと持っている栄養をそのまま取れるという特徴があります。

栄養バランスもよく、植物性タンパク質、ルチン、コリンの他に
体の発育に欠かせないリジンやスタミナ源になるアルギニン、ビタミンB群、
白米の約2.5倍と言われる食物繊維などが含まれています。

この秋こそ、栄養豊富な新そばを味わいながら豊富な栄養成分を補給するのもいいですね♪

そばの栄養成分の効果

さきほども出てきたおそばの栄養成分の効果を見てみましょ。

❏コリン(肝臓と脳の健康を保つ)
ビタミンB群の一種で、肝臓の健康を守る働きがあります。
また、脳の神経伝達物質の素tなることからアルツハイマーかを予防する効果も期待されています。

❏ルチン(血液循環をよくする)
血管と強くしなやかにして血液の流れをスムーズにしたり血圧を下げる作用があります。
ビタミンPとも言われていて穀類だけでは、そばだけに含まれる栄養素。

❏タンパク質(丈夫な身体を作る)
そばには、体の発育に欠かせない植物性タンパク質が豊富に含まれています。
その量は牛乳にも匹敵するほど!
また水溶性なので消化されやすく胃にの優しいのが特徴。

そばに含まれるルチンは、高血圧や動脈硬化を予防する働きがありコリンには観桜に死亡が溜まるのを防ぐ働きがあります。

また、ナイアシンも含まれていて胃壁を守る働きがあるのでお酒の締めにおそばは最適なのです。

本当の通って、おそば屋さんでお酒を飲むっていわれる所以はここから来てるのもかもしれません。

ルチンは、ポリフェノールの一種で美容効果もあり
体のサビや老化の原因になる活性酸素を取り除くアンチエイジングに重要な抗酸化作用の働きが言われています。

他にもコラーゲンの精製に欠かせないビタミンCを助ける働きがあるので
おそばのつけあわせにお野菜をつけると効率的に美肌作りも期待できちゃう!

血液サラサラにもなるのでルチンは健康にも美容にもうれしい成分なのです。

そば湯もいい!

ルチンやコリンは、水に溶けやすい性質をもつ水溶性の栄養素です。

茹でているうちに栄養素が水に溶け出すという性質があるのでこの時の茹で汁を無駄にしてはいけません!

栄養が豊富に含まれているそば湯は、おそばを食べた後にしっかりいただきましょう♪
スポンサーリンク

おそばって意外に侮るなかれですね!

ダイエット中は結構食べていました。

この時に選んだおそばは、「十割そば」。

そば粉オンリーだからです!

二八そばは、小麦粉が含まれているのでダイエットには不向きなのよ。

ぜひ、参考にしてみてね(*´∀`)

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

質問がありましたらお気軽にどうぞ~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る