さつまいもの栄養素ビタミンは美肌効果あり!

秋といえば食欲の秋ですよね!

秋の味覚といえば、さんま、栗、松茸、梨やぶどう
そして、さつまいもではないでしょうか?

我が家は、松茸以外はほぼ制覇しました。

特に、さつまいもは食卓にあがることが多いです。

この「さつまいも」ですが、美肌にいいということをご存知ですか?

スポンサーリンク

さつまいもは、焼いてもよしふかしてもよし、いろいろな料理のアレンジにも使える食材ですよね。

私がよく作るのは、さつまいもご飯です。

作り方は、とっても簡単。

お米をとぎます。

適当なサイズに切ったさつまいもを入れます。

だし汁も入れます。(めんつゆでもOKです。)

スイッチオン!

40分後には、さつまいもご飯の出来上がり~
黒ゴマと軽くお塩をかけて頂きます。

あとは、冬場になると石油ストーブの上にホイルに包んでのせておきます。
10分ほどでほくほくおやつの出来上がりです~

おっと、今日は料理のレシピではなく
さつまいもの美容効果をお話ししたいと思います。

さつまいものイメージでどんな感じですか?

おなら?(ごめんなさい・・・(^_^;))

さつまいも食べると便通が良くなると聞いたことはあるのではないですか?

さつまいもは食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維の特徴は、腸内に存在する善玉菌を増やして悪玉菌や毒素を吸着して排泄する働きがあります。

便秘解消に食べるといいとも言われていますよね。

便秘は汚肌の原因になります。

便の中に含まれる老廃物が長い間溜まり続けることによって腸内環境が悪化。

さらに便秘が続いてしまうと、悪玉菌や毒素などの有害物質が腸壁を通して血液中に入り込みます。

そうなると、ニキビなどの肌トラブルが引き起こされます。

自分のお肌を見れば腸内環境が丸見えということなのです。

スポンサーリンク

ま、その話はここでいったん置いといて・・・

さつまいもの美容効果に話を戻します。

さつまいもは、クロロゲン酸やアントシアニンの抗酸化作用があり美肌には効果的!

糖分をエネルギーに変えるビタミンB群、抗酸化作用をもつ
ビタミンE、コラーゲンの生成を促進するビタミンCなどのいろいろな栄養素がバランス良く含まれています。

海外セレブの間でも、スーパーフードとして食されています。

私もおやつで食べたりしますよ。
1/4本食べただけでかなり腹持ちいいですのでおススメです。

さつまいもに含まれているビタミンCはでんぷんによって熱から保護されています。

加熱調理をしてもビタミンCが失われにくいにです。

一般的にビタミンCは熱に弱くて加熱調理すると失われてしまうのです。

さつまいものビタミン群は、相乗作用でシミやそばかす、シワや たるみなどの美肌効果が期待できちゃうのです。

1年中食べられるさつまいではありますが
秋の採れたてのさつまいもは栄養価が高いと言われています。

美肌効果をアップさせるには秋から冬にかけて食べるのがいいと言われています~

早速、スーパーへ買いに行かねば!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る