アボカドの効果的な食べ方と時間は?知恵袋にレシピがたくさん!

アボカドは、我が家の食卓には欠かせない食べ物となりました。

昔は、好きじゃなかったんだけど

「食べる美容液」と聞いてそれから食べるようになりました(笑)

私は、シンプルに切ってオリーブオイル、塩、こしょうをかけていただきます。

これが一番アボカドの味を堪能できます。

 

スポンサーリンク

 

アボカドは、「畑のバター」とも言われています。

レストランやカフェでは、定番ですよね。
今やファーストフードでさえもアボカドメニューがありますよね。

脂肪分は多いのですが、女性にはうれしい効果をもつ栄養分が
たくさん含まれているのですね。

アドカド100gあたりのカロリーはどれくらいはわかりますか?

約185カロリーです。

これが高いのか低いのかは、食べる側にとってはなんだかよくわかりませんよね。

ここでアボカドの栄養素を見ていきましょう。

脂質とビタミンEのカリウムが豊富です。
脂質は、オレイン酸・リノレン酸・オレイン酸などですね。

他にはビタミン群やミネラルが豊富で栄養素も高い果物です。
野菜ではないのです。

アボカドに含まれる脂肪分は不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は、中性脂肪を調整して血中コレステロールをあげない良質な脂肪なのです。

オリーブオイルも同じ不飽和脂肪酸にあたります。
あとお魚の脂などもそうですね。

太りやすくて身体に悪いとされるのは飽和脂肪酸なのです。
バターが良い例です。

脂質は、三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)のひとつです。
脂質のイメージ的にダイエットに向いてないと思ってしまいますが
摂取不足になるとさまざまな症状が現れるのですね。

アボカドは「食べる美容液」と言われるくらい美容効果がたくさんあります。

コエンザイムQ10が多く含まれていたり、活性酸素などから
身体をさびさせずに守ってくれる抗酸化作用が期待できるのです。

だから女子に人気なのですね♪

また、ビタミンEが豊富なので女性ホルモンのエストロゲンの分泌を
促してくれるので、美肌の期待効果も大なのです。

オレイン酸は良質な脂肪分なので、血液中のコレステロールを減少させて
ドロドロ血液をサラサラにしてくれます。

ということは血液クレンジング効果もあるのですね。

ビタミンCを含む食材と一緒に食べると、さらに効果的ですよ。

オレイン酸は、脂肪分解する食物酵素のリパーゼ(CMで聞いたことありますよね。)も豊富なので脂肪燃焼も促進してくれます。

カリウムも豊富なので、むくみにも効きます。

食物繊維はごぼう1本分に匹敵。
アボカドの良質な油分によって便秘解消にもい効果的です。

 

スポンサーリンク

 

効果的な食べ方としては、

食前に半分~1個。

1日1個までです。

毎日、食べたいなら4分の1個。
2~3日1個でも充分な効果があると言われています。

カロリーは決して低くないので、おやつとして食すのはNGです。
あと食べ過ぎも充分注意しましょう。

私はトマトと一緒に食べることが多いです。

トマトとアボカドは最強コンビ。

カプレーゼも好きですね。モッツァレラチーズ、トマト、アボカドもよく組み合わせます。

知恵袋にレシピがたくさん!

毎日、食事に上手に食べて美容効果高めていきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


はじめに読んでね。

エステや美容クリニックに行く前に!大切なことは普段のスキンケアです!美肌になりたいならまずはお家でコツコツ美容からはじめましょう~。 代替テキスト

紫外線対策特集記事

代替テキスト

美容クリニック特集記事

医療脱毛・ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸溶解注射

水光注射体験談

フォトRF体験談
ページ上部へ戻る